現在では、資金調達を比較的容易に行うことのできるさまざまな仕組みが増えています。
以前は、収入が安定している一部の富裕層のみが不動産を購入したりすることができました。
しかし、最近では、普通のサラリーマンであれば、マイホームを持つこともできるようになってきています。
その際に利用されるものが、住宅ローンなどのローンです。
利用できる機関にもさまざまなものがあるため、自分の収入や目的に合わせて利用することができます。
審査が厳しいところから、金利が高いところまでさまざまです。
ローンによって、資金の調達をすることはできますが、多額の資金を借り入れるため、返済があることを考える必要があります。
ローンを組む際は、融資額も大きいぶん、返済期間も長くなります。そのあいだに、トラブルが起こり、返済出来なくなる可能性もあります。

・任意売却
任意売却とは、住宅ローンや不動産担保ローンを利用し、返済出来なくなった際に行うことのできる方法です。
任意売却のことを任意売買と呼ぶこともあります。
返済が延滞した時は、基本的には裁判所によって不動産などの差し押さえになります。
差し押さえになったものを競売などで売ることになってしまいます。
そのような際に、任意売却制度によって、差し押さえを解除することができます。

・不動産担保ローン
不動産担保ローンとは、文字通り、不動産を担保にすることで利用できるローンのことをいいます。
有担保ローンの一つです。
さまざまなローンで、不動産担保ローンを利用することができます。
基本的には、金利を少なくすることができます。
また、返済できない際に、不動産によって債務を支払うことができます。

イチ押しリンク

任意売却を検討しているなら【不動産の任意売却業者ガイド【名古屋編】】

 

Calendar

2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930